時流・原点・天命から事業再興へ向かい幸せな成功を掴む!

社長と従業員が輝き、お客様から感謝を頂きながら成長する

必勝の三ケ年の経営計画書(経営羅針盤)を設計し

未来は来るではなく、“未来は創っていく” “これなら幸せな成功が掴める”

という確信が入った未来の設計図を創造します。

main2.png

以下のチェックリストに1つでも当てはまる社長に朗報です

mark_check_illust_1107.png

人材育成や定着・採用が課題だと思う

mark_check_illust_1107.png

​売上、利益など数字に悩みがある

mark_check_illust_1107.png

幹部社員、後継者の成長に課題を感じる

mark_check_illust_1107.png

自分の考え・想いを共有し、一体感を持ってくれればと​悩んでいる

mark_check_illust_1107.png

今後会社がV字回復、飛躍しているイメージが持てない

大丈夫です!経志道場で

​時流を捉え、原点を見直し、天命から志を見い出し、これさえやれば大丈夫!という“確信の入った未来”を経営羅針盤として手に入れれば、激動の航海でもどこへ向かえばいいのか迷うことなく進むことができます。

ー 講師プロフィール ー

ジーレックスジャパン株式会社 代表取締役 石川博信

住宅メーカー(東証一部上場)売れない時期を経験しトップへ。

営業から支店長、本社事業部次長を経験後独立。営業時代は社内表彰8回(全国一位一回)営業チーム表彰4回。支店長・本社時代では新事業構築。

全国支店の支援強化(20店以上)行い、赤字支店をトップ支店に向上。

独立後、上場企業、大手FVCや地元工務店などに支援コンサルティング。

著書:「とっておきの見込み客発掘法」

   「日本の偉人の仕事術 ー断面で見るー その時自分ならどうするか?」

講演:都市開発機構・JA・関西・四国電力・リフォーム産業新聞社等、上場企業、大手FC等(複数)での経営支援、営業支援、第二創業(事業承継)支援、企業理念・経営羅針盤・年度計画書策定支援、全社営業体制構築、後継者・幹部育成研修、社員研修 

信念・志が一体となる感動経営を推進する。

その他 

市原市バイオマスタウン推進委員 2012~2016 

市原市環境審議委員 2016~現職

ちば・里山バイオマス協議会顧問

日本文化再興 海外推進フォーラム委員

世界架け橋プロジェクト代表

コミュニティービルダー協会理事

障害者アートパラリンピック推進委員​

日本文化と精神グループ設立管理者の一人

75610903_263731201746272_144051267706236
018.png
日本の偉人の仕事術_表紙.png
019.jpg
ijincover_enのコピー.jpg
fr_cover.png
0929china_cover.jpg
インドネシア語 偉人の仕事術_表紙.jpg
po_cover.jpg

※日本の偉人の仕事を世界へ伝えるため、多言語で出版しています。

皆様日頃は事業に勤しんでいらっしゃるかと思います。

今回の講座は、今までは「クローズド」で行っておりましたが、思うところあり、公開講座にさせてもらいました。

理由はいくつかあります。

今、全国でたくさんの研修やセミナーが開催されています。インターネットの活用、人財確保のノウハウ、現場管理のアプリなど、数え上げれば枚挙にいとまがありません。しかし、あまりにも「やり方」を教えるものが多いです。

それ自体がどうということではなく、それらのノウハウは自分の信念、会社の理念など「どうあるべきか」ということがしっかり定まった上にあることで成り立つと思うのです。

 

古来より「やり方」を学び「あり方」を学ばないことを本末転倒と言います。

これは「本学」=「あり方、哲学」を磨く学問に対して、「末学」=「やり方、ノウハウ」ばかりを学んでいると、転倒するという意味です。

末学がいけないのではないのです。本学がしっかりあれば、末学は大いに役立ちます。

 

なぜこの様なことを言うのか?それは、私自身が住宅メーカー在籍時代に、全国各地の強化店(いわゆる成績の悪い支店)の責任者として仕事をしていた中で強く感じたからなのです。

鳥は一部の恐竜が進化したものだという話は聞いたことがあるかもしれません。

恐竜は環境の変化に対応出来ず絶滅しました。

理由は食料がないため、そして移動が遅いことです。

鳥に進化した恐竜は、空を飛び移動も早く、何より食料も少なくて済んだのです。

なにか今の時代と似ていませんか?

大きな会社は食料(人件費、経費)もたくさん必要です。

しかし食料(市場)が減少している中で、これから生き残っていけるでしょうか?

これくらい大きな変革期はピンチではなく、チャンスとも捉えることができます。

小が大に勝てる時なのです。その方法をしっかり見出していきませんか?

競争激化、市場縮小、人材不足の中、お客様が貴社を選ぶ理由は何でしょうか?

そんなことは分かっているし、すでに対策も万全だ。という方はこれより先へ進まずにご退出下さい。少しでもヒントを得たいという方は、もう少しお付き合い下さい。

研修受講生の皆様からのアンケートでも高い評価を頂いております。

img0511.jpg
img0471.jpg
img0461.jpg
img0471.jpg

この様な高い受講効果が生まれるのには

ライン.png

理由があります

一般に行われている講座やセミナーとは、その品質や成果を全く異にするものです。向こう三年間の「やるべき事」「あるべき姿」を明確に描ける、究極のグループコンサルティングです。

天命・志から出る底力=未見の我を経営に顕す特別な講座です。

同期参加の経営者から新鮮なアドバイスも頂けます。

満足度の高いアンケートには以下の成果物があるためです。

①経営者自らの使命、ミッションが明らかになり、”自己軸”がより強くなります。

②何のために仕事をしているか?この問いに答えられる経営理念の設計ができます。

③勝ち組であり続けられる業態開発、風土開発を中心に、新創業ビジョン”経営羅針盤”即ち三ヶ年分の「これさえやれば良い!」という確信の持てる事業計画が設計されます。

④感動経営や大家族主義経営実践のための、具体的な社内への落とし込み手順が明確になります。

⑤さらに、経営羅針盤が年度経営計画書に落とし込みされるまでフォローします。

⑥やり方(ノウハウ)探しから、「あり方」からの事業への取り組みにシフトすることで、“強固な軸”が出来上がります。

最大の受講成果は、「経営羅針盤」の完成と、自分自身のミッション

あるべき姿が明確になり、

“志”が創られていくことです。

住宅市場においては、市場縮小、競争激化、人手不足など課題も多く、今後は東京オリンピック・パラリンピック後に予測されている経済不況も囁かれる中、それらを追い風に変え、希望の持てるイメージのビジョンを描き切ることは、経営者・後継者にとっても、“生涯の中での大きな英断”となることを保証します。

貴重な学びでお会いできることをお待ちしております。

経志道場への参加ご希望の方はこちらからお問い合わせ下さい。

追って説明会日程をメールでお知らせいたします。

2021年

経 志 道 場