main.png
ご利用頂いた著者の声

​一部抜粋

41Nk2FwOofL.jpg

これまでいくつか著書を出してきましたが、今までのように数千冊印刷製本して販売するという方法は、あまりやりたくありませんでした。電子書籍だけでなく、紙でも買うことができる、それも注文すると一冊から印刷製本できるというのは魅力ですね。

​プリントオンデマンド版がよく売れているようで、大変嬉しいことです。

東京都立大学名誉教授 広瀬立成 様

スクリーンショット 2021-02-15 11.36.42.png
009.jpg

だいぶ前に出版した本で、原本の状態もあまり良くなかったですが、電子書籍として改訂版が出せて大変嬉しく思っています。​

横浜国立大学名誉教授 青木淳一 様

​内容の修正や更新をしたい箇所がたくさんあったのですが、快く対応してもらえました。時代を越えて多くの子ども達に読んで頂きたいです。

32290258_1833123663660254_71852552428065
41MnEt2lF+L.jpg

出版当時かなり売れた本でしたが、絶版になってしまってとても残念な想いをしました。電子化することで作品が蘇り、新しい読者に読んでもらえるのは、著者としては非常に嬉しいことです。

​在庫を持たなくていいのもありがたいですね。

医学博士 福井一成 様

510KImw6MqL.jpg

とても思い入れのある作品だったので、また販売ができるようになって感謝です。内容もそのままではなく、加筆・修正ができるというのがありがたかったですね。ずっと気になっていたところを手直しして販売できて大変満足しています。

数理研代表 河田直樹 様

51SBFOt4niL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

もともとの出版社が倒産してしまい、大学での教科書販売をどうしようか困っていました。電子化はもちろんですが、小部数での製本印刷にも対応してくれてとても助かりました。製本版も質が高く満足しています。

國學院大学講師 津島知明 様

出版市場はとても厳しい状況になっています

gn-20190923-05.gif

書店数の推移

97141181_2659153714318144_69021543933411

​出版販売額

しかしです、いくら出版業界が厳しくても本がなくなる事はありません。そして本を出すことの価値はとても高いものです。すでに出版された本であっても、まだその本に出会っていない読者はたくさんいるはずです。

何かしらのきっかけがあり、読者との出会いがあれば、数十年前に出版された作品でも本は売れるものです。すでに本を出されている著者の皆さんもご経験があるのではないでしょうか?

でも、出会いがなければ売れません。

約20年前、本との出会いと言えば書店でした。ふらりと立ち寄った本屋さんで思いもかけない本を見つけて衝動買いした経験、皆さんもありませんか?

もちろん今でも本屋さんで本を探すという人はたくさんいるでしょう。

しかし、Amazonが日本市場に参入して以降、Amazonの利用者は右肩上がりとなり、現在は本と言えばAmazonというほど書籍販売についてはAmazonの一人勝ち状態が続いています。いや、それはEC市場全体と言ってもいいでしょう。

その後Amazonが電子書籍の販売を開始し、誰でも電子書籍を作って販売できるようになり、さらに読み放題のサービスもスタートしました。Amazonの進化は止まることを知りません。

欲しい本があるけど絶版になっている、品切れ重版未定で本屋さんに行っても注文ができない、そんな読者の機会損失を極限まで減らしたのがAmazonです。

中古市場を開き、さらに電子書籍であれば在庫がなくなる心配もありません。

「電子書籍はちょっと、、、」という人向けには、注文が入ると1冊から印刷製本して発送する「プリントオンデマンド」のサービスも用意しています。

 

「すべてはカスタマーの満足のため」そのように標榜するAmazonですから、利用者が増えていくのも当然といえば当然です。

私たちは、このAmazonのキンドルストアを活用して、絶版になってしまった本や品切れ重版未定の本、そして新しい読者との出会いを求めている本を、販売しPRして参ります。

「でも、電子書籍の市場ってまだまだでしょ?」

そのような声もたくさん聞きます。もちろん出版市場全体からいえば、まだまだかもしれません。しかし今回の外出自粛の影響で、各種電子書店や出版各社が電子書籍を無料公開したことで、電子書籍の利用を始めた人も多くいると聞きます。

​さらに、電子書籍市場は着実に伸びているんです。

image001_2.png

2019年度の電子書籍市場規模は3473億円と推計され、2018年度の2826億円から647億円(22.9%)増加(2019年度電子出版市場の動向調査結果概要インプレス総合研究所)

電子+プリントオンデマンドの

ハイブリッド出版で新たな読者にPR!

電子化には多くのメリットがあります!

内容の一部を修正し改訂版として電子と紙で再販売可能

スクリーンショット 2021-02-14 16.05.04.png
スクリーンショット 2021-02-14 16.05.27.png

​紙の本と違って色褪せや劣化がない

880646319-books-315679-O0L-640x426-MM-10
publicdomainq-0033346cmw.jpg

内容の修正、差し替えがカンタンにできます

3940124_s.jpg
スクリーンショット 2021-02-14 16.23.40.png

作品を電子化するだけでなく、プリントオンデマンドにより

紙での販売にも対応することで、より多くの読者にアプローチします

スクリーンショット 2020-06-12 16.14.44.png
スクリーンショット 2020-06-12 16.15.22.png
スクリーンショット 2020-06-12 16.16.07.png
スクリーンショット 2020-06-12 16.16.38.png

​さらに

多言語化することで

海外のAmazonキンドルストア

にも販売が可能です!

*翻訳には別途費用が必要です

JS.png
RL.png

​さらに

世界最大のAmazonマーケティングを活用し

著書のプロモーション

を実施します

c104a672-d691-42cd-aebc-cab83f8c3b12.png

FAQ

Q.電子化する場合原本は必要ですか?   

A.出版時のデータ(テキスト、ワードファイルなど)があれば原本がなくても問題ありません。

データが無い場合は原本が必要です。

Q.著作権はどうなりますか?

A.著作権は著者の方に帰属します。ただし、当社及び当社が指定する第三者(当該第三者から権利を承継した者も含む)が当該著作物をウェブ、電子書籍、出版物等で使用すること(翻案、翻訳権等も含む)を許諾していただきます。 

Q.既刊本の出版社に確認する必要はありますか?

A.電子化に関しては著者様の意向によるもので問題はないですが、出版契約の内容によっては、後々揉めるケースもございますので、一言出版社へお声がけ下さい。

   

Q.販売までにどのくらいの期間がかかりますか?    

A.原本を受領してから、約2ヶ月程度です。電子化とプリントオンデマンド用データ製作の他、プロモーションの準備も行った上で販売します。

Q.印税の支払いはありますか?

A.ございます。詳細はお問い合わせ下さい。

 

Q.在庫は持たなくていいのでしょうか?

A.在庫の必要はございません。ただ、講演活動やセミナー等でご利用の際は、小部数での印刷製本も承っております。

Q.書店流通はできないのでしょうか?

A.一般的な書店流通の形はとっておりません。ただし、書店への販促と、小部数での製本、流通のための取次依頼は可能です。その場合、別途費用を申し受けます。

電子化と販売までの流れ

flow1.png

お問い合わせ・お申し込みを

お待ちしております

スタッフ.png