【お問い合わせ窓口】
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

〒290-0056 千葉県市原市五井2437-2 ホマレヤビル3F

Tel 0436-63-3015  Fax 0436-23-3253

​コミュニティビルダー協会

© 2018  communitybuilder All Rights Reserved.

まちかど障がい者アートギャラリーは

「内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局」

が管理する

「Beyond2020プログラム」

の認証事業です。

" 建築現場にアートで彩りをプラス!"

コンセプト

「まちかど障がい者アートプロジェクト」は、建築現場の現場シートに、アートをデザインすることで、殺風景になりがちな建築現場を明るく華やかに彩るとともに、障がい者アーティストの経済的支援や認知を拡大するプロジェクトです。

建築現場は地域住民の関心が高く、注目の集まるスポットです。そこで使用する現場シートに障がい者アーティストたちの作品を活用することで、地域住民の生活者の方々との融和効果と、御社のCSRに関するイメージアップを図ります。

​なぜ今チャンスなのか?

​2020年に控えた東京オリンピック・パラリンピックが

大きなカギなのです

東京オリンピック・パラリンピックへ向けて

​大きな流れをつくる法律がでました

障害者文化芸術活動推進法

久保厚子・東京オリンピック・パラリンピックに向けた

障害者の文化芸術活動を推進する全国ネットワーク会長

これまで各地域や施設などでほそぼそと活動してきた障害者アートがもっと広がることが期待される。今は都道府県の予算規模もばらばらで、地域ごとに温度差があるのが現状だった。

 

それに伴い作品の著作権について、もっと施設は意識を変える必要があるだろう。今後作成される指針が当事者の権利に寄り添ったものになればと思う。

 

同法をきっかけに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた機運が一層高まる。ネットワーク加盟の27団体は一致団結して、アクションを起こしていきたい。

​朝日新聞
​徳島新聞

この法律ができ、全国各地で障がい者アート展が広がっています!

今年は日本初となる障がい者アートの全国大会も開かれます!

プロジェクトへの想い

一般社団法人障がい者アート協会

代表 熊本 豊敏

一般社団法人コミュニティビルダー協会

​代表 浄法寺 亘

日本の障がい者の割合は6%。実に20人に1人は何らかの障害をもっており、職場や学校・親族に 1 人は必ず障がい者がいる計算になります。そんな身近な障がい者の方のアート作品は海外ではアウトサイダーアート、アーリュブリュット等と呼ばれており、親しみ易く心和む作品が多いといわれています。しかしながら、日本ではまだまだ認知されておらず、素晴らしい作品でありながら世に出ておりません。

私たちは、この魅力的な障がい者アートを建築現場の広告として活かすもとで、障がい者の方達が社会に参加し、創作活動を通して少しでも経済的対価を得られる仕組みを考えました。

今回の、まちかど障がい者アートプロジェクトにおいて、障がい者アートの作品を利用して頂くと、費用の70%が障がい者支援として活用されます。アートで現場を彩りつつ、企業のCSR活動にもご利用頂きたいと思っております。

一般社団法人障がい者アート協会について

私たちは、障がいのある方がもっと気軽に、もっと自由に、もっと自然に発信できる場所と、創作活動を通して少しでも経済的対価を得ることのできる仕組みが必要だと考えています。障がい者アート協会はこの場所と仕組みをつくる活動をしています。

作品を社会に発信し、たくさんの人に見てもらえる喜び、創作活動を通して経済的対価が得られる喜びを、ひとりでも多くの障がいのある方に届けるため、障がい者アート協会は活動しています。

障がい者アート協会ホームページはこちら

一般社団法人コミュニティビルダー協会について

工務店による地域及び社会貢献活動の取り組みを広め、工務店業務、商品、資材、人材、情報等の支援や調査、研究、提言等を行い、且つ消費者にとって有益で、住まいや暮らしの向上につながる情報発信を行い、国民の住生活の向上と工務店業界の発展を目指します。国産材の利用を増やし、一般の施主様・山林・建築会社(工務店)が互いを知り、コミュニケーションを増やしていく機会を提供して参ります。

コミュニティービルダー協会ホームページはこちら

プロジェクト4つの特徴

01

03

01

建築現場の個別化
社名・電話番号のテンプレートばかりのデザインが多い中、アートを使った主張するシートは、競合他社との差別化に有効です。

02

イメージの認知
作品以外にもテキストや社名を入れ込むことで社会貢献に積極的であるという事実を効果的に発信できます。93.5%の人が「企業は社会貢献活動に取組むべき」と考えています。(日経 MJ2011 年調査)

03

地域との親和性
無機質な現場シートと違い障がい者アートを活用したユニークなシンボルとして地域の方に親しんでいただくのみならず、建設現場・会社の効果的なイメージアップにつながります。

04

話題性
一般社団法人障がい者アート協会のオフィシャルサイト(月間 2.8 万 PV)やFacebook ページ(いいね︕数 2500)で「障がい者アート看板シート」をご採用いただきた企業様を広報します。
さらにインスタグラム・フェイスブック等 SNS の撮影場所等になる可能性を有しており時代にあった周知の効果的な拡散が期待できます。

作品・アーティスト紹介

​作品は一部抜粋です。他にもたくさんの作風やデザインがございます。

【Tomoyuki】1994年生まれ。東京都在住。

現在、さおり織りとクッキーを作る工房で就労しています。高校生の時に山手線の車内が展覧会になるピクチャートレインに入選。その後はポコラート全国公募2013、2014への入選をはじめ、雑誌表紙への採用、三軒茶屋フレンチレストランでの個展開催等で活躍してます。

作品の特徴は「見る人を一瞬で引き付ける強烈な色使い」「本人の人柄がにじみ出ている明るい雰囲気」です。月に1回からふるで創作活動しながら、インスピレーションに従い、日々自宅で新しい作品を生み出し続けています。

【RINA】2003年生まれ。福井県在住。

 

現在は支援学級に短縮登校しています。絵を描くことが唯一の楽しみで、毎年こどもの県美展に出品していますが2年連続で入選しました。

 

恐竜、動物、ドラゴン、ペガサスを描くのが得意です。また、今はオイルパステルという画材を使って、指だけで描くチョークアートが好きです。

【ショウヘイ】佐賀県在住。30代男性。

決まった時間に描くと言うことはなく、アイデアが浮かんだときに自由に創作活動を行っている。好きなイラストはポップなイラスト。その他幻想的なイラストも日常ではありえないようなことを思い浮かべながら描いているとのことです。とても明るい作風です。

以下、ショウヘイさんからのメッセージです。・・・・世にイラストはたくさんありますが、すぐに「僕の絵」だとわかってもらえるような個性的な絵を描いていきたいです。

導入までの流れ

よくある御質問

Q.シートデザインの大きさは?

A.縦3,600mm × 横1,800mmとなります。

Q.ロゴや社名は入れられるの?

A.可能ですがスペースに限りがあります。

このプロジェクトの賛同者も募集しています!

​賛同者に関することはこちらから

Q.発注してからの納期は?

A.デザイン決定後1ヶ月程度です。

Q.利用期間はあるの?

A.ございません。可能であれば一年毎などで新作をご活用頂ければ幸いです。

Q.二次利用は?

A.可能ですが、どの様な用途か必ずご相談下さい。

Q.現場シートではなく、ゲートや囲いは可能ですか?

A.大きさと納期などお聞かせ下さい。対応の可否を検討します。

Q.一社で作品を複数選ぶことは可能ですか?

A.可能です。是非ご相談下さい。

Q.納品はどうなるの?

A.デザイン印刷されたシートを貴社指定住所へ郵送します。

*その他ご不明点については、下記のフォームからお気軽にお問合せ下さい。

お申し込み、お問い合わせ

*印は必須項目です

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now